遠視について

遠視と屈折異常

近視と同じ様に、遠視は屈折異常の1つなのです。 近視は近い物は見えやすく、遠い物が見えにくいという症状です。 しかし、遠視の場合遠くは見えやすく、近くの物が見えにくいという症状ではありません。 遠視は、目の屈折力が弱いので、網膜上・・・

子供の遠視とレーシック

遠視は、子供に多い眼の病気として、遠視の子供を持つ親には、遠視の治療に悩んでいる方もたくさん居ます。 遠視は成長に伴い、改善されるのですが、遠視が強度の場合は、放置してしまうと弱視や斜視の原因になります。 遠視の治療は、矯正トレー・・・

幼児の遠視

多くの場合は、3歳児検診で視力の低下が疑われ精密検査をして、遠視だということが判明する場合が多いのですが、大変なのは、弱い遠視や中程度のもので、見逃されてしまう場合があります。 近視と同じ様に、遠視も病気ではありません。 遠視によ・・・

屈折性遠視と軸性遠視

遠視とは、近視と逆に、網膜よりも後ろにピントが合ってしまう状態のことをいいます。 そのため、網膜に映る像がピンボケしてしまうのです。 遠視とは遠くを見る時に光が網膜の後で焦点を合わせてしまう状態のことです。 眼の屈折力が眼球の長さ・・・

幼児期の遠視と目の機能

4、5歳位の幼児が眼鏡をかけているのを見かけることがよくありますが、この位の幼児がかけている眼鏡はほとんどが乱視や近視で低下してしまった視力を良くする為のものではなく、視力を育てるための遠視の眼鏡だと思われます。 見た目には同じ眼・・・

遠視の屈折補正

眼は近くの物を見る時、網膜上にきちんと焦点を合わせる為、目の中にある筋肉を働かせて水晶体の屈折を強くするという機能を持っています。 この事を調節力といいます。 調節力は子供の時に豊富に持っていて、その後は年齢と共に徐々に減少してい・・・

遠視の子供

子供に遠視が見つかった時は、まず医師は眼鏡を処方します。 小さな子に眼鏡をかけてもらうのはかわいそうですが、子供の遠視はメガネによる矯正が不可欠です。 まずは、網膜に正しい光を送り込んで、その上で斜視・両眼視機能検査をして、必要で・・・

遠視と近視、および老眼

遠視は、近視と逆に焦点が網膜より後にある状態の事を言います。 ですので、遠視の人は遠くの物を見る場合でも水晶体を厚く調節してピントを合わせる必要があります。 正視である人は焦点が網膜上にあるため普通の状態で遠くの物が見えて、これが・・・

遠視性弱視とは

遠視性弱視とは、私たちが日常で、近視なので視力が落ちてしまった、乱視があり視力が悪いと言って使う視力という言葉は正確には裸眼視力の事です。 裸眼視力は眼鏡やコンタクトを使用してないときの視力です。 一方近視で裸眼視力1.0の人でも・・・

遠視・近視とは

視力が2.0以上あれば遠視と思っている人や、遠くは良く見え近くがぼやけて見える近視と逆の見え方が遠視だと思っている人もいますが両方とも間違っています。 遠視とは、近くも、遠くも目のピントを合わせることのできない状態の事をいうのです・・・

遠視の種類と老眼

遠視とは、近視と反対で光の焦点が網膜の後ろで結ばれてしまうため、ピントが合わなくなり近くのものがぼやけて見えてしまうという屈折異常です。 古代の人間はほとんどみんなが遠視であったといわれていて、現代でも大草原や大海原で昔ながらの生・・・

遠視の矯正

遠視の場合、眼の外から入ってきた光の線が網膜よりも後ろに焦点を結んでしまうため、ぼやけて見えてしまうのです。 この場合、近くの物程ぼやけて見えています。 ですが、メガネやコンタクトレンズで眼の焦点位置を前へずらすことにより、はっき・・・

遠視による内斜視、弱視

・内斜視 子供の眼に遠視がある場合、ピントを合わせようとして調節をするのですが、この時、同時に眼を内側へ寄せる筋肉の働きが生じ調節性内斜視となってしまう事があります。 両方の眼で見る力や視力の発達が悪くなってしまうのです。 ・弱視・・・

遠視、乱視、近視

近視・遠視・乱視は屈折異常と呼ばれ、正常な状態の眼は正視と呼ばれています。 近視とは、屈折力が強すぎるために網膜の手前でピントが合う状態です。 そのため近くは見えるのですが遠くを見るときは、ぼやけてしまいます。 遠視は、近視とは逆・・・

遠視と近視の正しい知識

近視と遠視とではどちらの方が良いと思いますか? 一般的に遠視とは眼がよくて、近視は眼が悪いと思っている人がたくさんいると思いますが、実は逆なのです。 近視も遠視も屈折に異常があります。 正常な眼の人の事は正視と言います。 正視の場・・・

小児の遠視

小児の場合では、遠視のほうが近視より頻度も問題も高いことを認識して貰いたいと思います。 では、どんな問題があるのでしょうか、論文によると斜視や弱視の原因になり易い事が問題だという事です。 しかし遠視は軽い場合、むしろ良い目として評・・・

子供の遠視と成長

子供の遠視の場合ほとんどの原因は眼の成長不足です。 眼の奥行きが短く、角膜と水晶体で屈折した光が結像前に網膜まで届いてしまったため、ピンぼけになってしまう状態なのです。 発育途中の子供の眼は、眼球の長さが十分ではないので、子供の遠・・・

遠視の種類

遠視には軸性遠視と屈折性遠視があります。 しかし屈折性遠視はとても少ないので、今回は軸性遠視についての説明をします。 遠視の人の場合は眼軸が短くピントを合わせる為、調節力を使って水晶体を厚くするので、遠くの方を見ていても眼が疲れて・・・

遠視のレーシック手術

レーシックの対象となる遠視の人は意外と多いものです。 遠視になう原因はいろいろあります。 人間は生まれた時、差はありますが誰でも遠視なのです。 これは、生まれてすぐの赤ちゃんは眼球が小さくて眼軸が短いためなのです。 普通は発育して・・・

遠視と加齢による老眼

年をとった人の眼の調整力は赤ちゃんと比べると10分の1です。 眼の加齢による老眼は、歳をとることによって誰でも現れる症状なので、病気ではないと言えます。 外からの光がまっすぐ眼に届いて、水晶体と角膜で2回屈折して角膜にピントがあう・・・

遠視のレーシック治療

レーシックの話題はよく耳にしますが症例として代表的な例のほとんどは近視の場合の例なのです。 レーシックは老眼・遠視・乱視も矯正が出来るのでしょうか。 レーシックの症例で近視のケースが多いのは、日本の場合、視力が悪いというのは近視で・・・