遠視 > 幼児期の遠視と目の機能

幼児期の遠視と目の機能

4、5歳位の幼児が眼鏡をかけているのを見かけることがよくありますが、この位の幼児がかけている眼鏡はほとんどが乱視や近視で低下してしまった視力を良くする為のものではなく、視力を育てるための遠視の眼鏡だと思われます。

見た目には同じ眼鏡ですが使う目的によりまったく違います。

もし、このように遠視である幼児がこの為のメガネをかけないでいると、十分に視力が育たなくなって、寄り目の斜視になり、両目で物を見ることが出来なくなってしまい、見ている物が立体的に見える立体感覚や、見ているものとの距離を感じる距離感覚が十分に育ちません。

そのため、感覚がつかめず交通事故などにあう危険があり、スポーツや運動がうまく出来ないなどの、日常生活にも様々な不便が起こることがあります。

子供の目は、これらの能力が育つ途中です。

子どもの時に、この両目で見る力をそだてておかないと、大人になってそだてるのはむずかしく深刻な問題になってしまいます。

しかし、目の機能をそだてるのには、とても時間がかかるため、根気のない親は嫌がります。

また、普通に物が見え眼に何の問題もない親は、自分の子供の眼が普通と違って見えるという事に感覚が実感無いために、それほど真剣に治療に取り組めないということもあります。

子供の一番近くにいる大人でさえも、子供の目に関して知らないことが多いのです。

子供の目を健康に育てて行くのは、お父さんやお母さん親の責任です。

目の健康な発育の正しい知識を、持つようにしてください。