遠視 > 子供の遠視の対処法

子供の遠視の対処法

3歳児検診では視力検査があります。

この検診で、遠視や乱視、視力に異常が認められた場合、メガネやコンタクトレンズでの矯正が必要になります。


・症状
顔を斜めにしてみる、転び易い、眼つきがおかしい、動作や目つきがおかしいなどです。


・原因

近視:目に入ってきた光が、網膜の手前に像を結んでしまい近くはよく見えますが、遠くはぼやけて見えます。

遠視:光が網膜よりも後ろに像を結んでしまったので遠くも、近くもピントがずれて見えます。

乱視:水晶体や角膜の歪みから、光の方向により屈折が異なって、像がぼやけて見えたり2重に見えたりする。


・対処法

きちんと眼科を受診して視力検査を受けましょう。

矯正の為にメガネを作って、寝るとき以外は常にかけて生活しましょう。


子供がメガネに慣れないうちは、壊したり、嫌がったりするもの。

子供用眼鏡は、とても高価な買い物です、使い方や、気をつける事をじっくりと子供に説明しましょう。

あとは、本人はもちろんですが、幼稚園や保育園の先生やお友達などにも気をつけてもらいましょう。

特に本人以外が壊してしまうトラブルもあるので、先生へのお話をしておきましょう。

また、メガネをかけている子は、遊びの中で転んだりして、ケガに結びつく事が心配されるので、充分気をつけましょう。

メガネの他に子ども用のコンタクトレンズもあるようですが、怖がってしまう場合があり親にも子供にも負担となってしまう事もあります。

TV、ゲームの見過ぎに気をつけ、暗い所で眼を使わないなどして子供の視力を守りましょう。